収入証明書不要では難しい消費者金融|収入証明書不要OK

MENU

収入証明書不要では難しい消費者金融

最近でこそ銀行や信用金庫などでもカードローンを利用できるようになりましたが、元々は消費者金融がメインとなって行っていた個人向けの少額融資サービスの一つで、一昔前はサラ金と呼ばれた時代もあったことから、名前だけでも聞いたことがあるという人は多いと思いますが、この頃は身分証明書だけが必要で、収入証明書不要でお金を借りることが可能でした。

 

しかし、時代が進み自分の返済能力を超えて執拗にお金を借りる人が増えたこともあって、消費者金融に適用される賃金業法も次々に改善されていきました。

 

年収の3分の1を超えての借り入れができなくなる総量規制やローンの申し込みに収入証明書の提出が義務付けられたなど、借りる側からすると借金を必要以上に抱えてしまうリスクを抑えて利用できるようになった反面、お金を貸す消費者金融側はずいぶん貸金業がやりにくくなりました。

 

しかし、消費者金融であっても収入証明書不要でお金を借りることができることがありますが、そのケースとしては借入額が50万円を下回る場合で、これだと法律に抵触しません。

 

急にお金が必要になった場合はそこまで高額が必要なことが無いと思うので、50万円以下の借り入れなら収入証明書不要というのはかなりメリットが高いと言えます。

 

基本的にこの額以下であっても任意で収入証明書を提出させることも可能になっているため、場合によっては収入証明書が必要になるかもしれません。

 

おすすめの収入証明不要なカードローンはこちら