銀行のローンと収入証明書が不要なケース|収入証明書不要OK

MENU

銀行のローンと収入証明書が不要なケース

銀行のイラスト

金融機関からお金を借りる必要がある場合に、どこからお金を借りたいかと聞かれると多くの人が銀行と答えると思いますが、昔は銀行が取引相手になっていたのは法人だったので、あまり個人向けのローンを提供しているというイメージはありませんでした。

 

しかし、最近は法人向けの融資が不調な反面、個人向けの融資が好調という理由から積極的に個人向けのローンサービスにも参入しており、住宅ローンやマイカーローンのような高額ローンに限らず、カードローンのような少額ローンについても提供するようになっています。

 

ちなみに収入証明書の義務というのは賃金業法と呼ばれる法律で決められているのですが、銀行という金融機関をまとめている法律は賃金業法ではなく銀行法と呼ばれる法律なので、事実上、銀行でお金を借りる場合は収入証明書不要でお金を借りることができるようになっています

 

しかし、銀行側は収入証明書不要でお金を借りることができるようにしているところが多いものの、借り入れの金額が100万円を超えてくる場合は収入証明書の提出を義務付けているところも多いため、絶対に収入証明書不要で借金が可能というわけではないので注意する必要があります。

 

また、どれくらいの金額から収入証明書が必要になるかというのは銀行によって異なるので、借り入れが100万円を超える場合は事前に確認しておく必要がありますが、中には300万円までの借り入れなら収入証明書が必要ないようなところもあります。

 

おすすめの収入証明不要なカードローンはこちら