お金を返済できなくなった場合の債務整理|収入証明書不要OK

MENU

お金を返済できなくなった場合の債務整理

頭を抱えて悩む女性

収入証明書不要でお金を借りることができる金融機関は以前と比べてかなり減りましたが、この背景には法律の改正によって収入を証明する書類を提出しないといけなくなったということと、不要な借り入れで多重債務になってしまう人が増えたということが関係しており、それに伴って債務整理を行う人も増えました。

 

債務整理というのは法的な手段を用いて借金整理をするという性質のものですが、債務整理の中には自己破産と呼ばれる借金を帳消しにしてくれる債務整理や借金の一部を減らして完済を目指す民事再生、そして裁判や法的な手続きが不要で可能な任意整理がありますが、いずれの場合も自力で借金を返せない場合に行います。

 

債務整理をすることによって借金問題を直接的に解決することができるというメリットがありますが、手続きをしてからはしつこい取り立てや催促というのも無くなるため、この点から見てもメリットが高いと言えます。

 

自分で作った借金なので自分の力で返したいという気持ちも分かりますが、早めに対処しておかないと取り返しのつかない状態になることもあります。

 

債務整理は金融機関側の負担が大きくなってしまいますが、債務整理をされることによる損失というのは非常に大きく、特に銀行に関しては信用商売という側面もあるため、債務整理をしてもらうのは困るわけですが、それを回避するために収入証明書不要でお金を貸し出さず収入証明書を条件としてお金を貸すようになりました。

 

おすすめの収入証明不要なカードローンはこちら