収入証明書とローンの審査について|収入証明書不要OK

MENU

収入証明書とローンの審査について

虫眼鏡のイラスト

昔は身分証明書さえあれば銀行や消費者金融からお金を借りることができていたのですが、賃金業法の改正などの影響を受けて、収入を証明する書類の提出も必要になっており、お金を借りるまでにひと手間加える必要が出ましたが、これは賃金業法の対象となる消費者金融の話しで、本来なら銀行については収入を証明する提出を義務付ける必要はありません

 

それでも収入証明書を提示させているのは銀行が審査をする際の指標の一つにするためですが、銀行は総量規制による年収の3分の1を超えての借り入れをしてはいけないという制限がかからない金融機関なので、借り入れ上限金額についても本来ならそこまで意識しなくて良い要素なのです。

 

消費者金融以上に金融機関としての信頼度や信用というのが銀行には必要になってくるため、消費者金融やクレジットカード会社に適用される総量規制を参考にお金の貸し出しを行っているところが多いため、収入証明書を提出させています。

 

そのため、収入証明書不要でお金を貸し出している銀行もたくさんありますが、それぞれの銀行によってローンの審査基準は異なっているため、それぞれの審査基準に従って収入証明書不要で貸し出せるお金の金額が変わってきます。

 

しかし、消費者金融のように50万円以上の借り入れで収入証明書の提出を義務付けているところは少なく、だいたいの銀行は100万円以上で設定して、中には300万円以上からのところもあります。

 

おすすめの収入証明不要なカードローンはこちら