収入証明書不要のローン金利の特徴|収入証明書不要OK

MENU

収入証明書不要のローン金利の特徴

昔に比べると銀行や消費者金融が提供しているローンサービスは多様化が進んでいますが、これによってお金が必要な人は自分の目的に沿ったローンを利用しやすい環境になり、より便利に融資を受けられるようになったわけですが、ほとんどのローンは収入を証明する書類を用意して申し込みが必要になっています。

 

唯一、収入証明書不要でお金を借りることができるのがカードローンやキャッシングですが、これらのローンは目的があらかじめ決まっているローンと比べて緊急性を要している人も多いということで、即効融資が基本となっているところがほとんどですが、即効融資を省くためにも収入証明書不要にして利用促進を図っています。

 

ちなみにカードローンやキャッシングを利用する上で利便性が高いというメリットはあるのですが、それ以上に金利の高さというのがネックとなっています。

 

特に100万円程度までの借り入れは上限金利である20%近い金利が設定されていて、短期完済が可能ならそこまで問題はないのですが、長期返済になるなら金利の支払いがかなり多くなってしまうことが想定されます。

 

収入証明書不要でお金を借りることができるというのは便利な仕組みと言えますが、どれくらいの金利が設定されて、その金利になると毎月の返済がどれくらい負担増になるのかということも調べておくことが大切です。

 

また、焦ってないのであれば金利が低いフリーローンというのも選択肢としてあります。

 

おすすめの収入証明不要なカードローンはこちら