変わる可能性がある賃金業法と収入証明書|収入証明書不要OK

MENU

変わる可能性がある賃金業法と収入証明書

今でこそ消費者金融からお金を借りる際にその金額が50万円以上になる場合は収入を証明する書類が必要になっていますが、一昔前までは消費者金融でも収入証明書不要でお金を借りることができていて、現在のように収入に関連した書類を提出する必要はありませんでしたが、もちろん銀行やクレジットカード会社に関しても同じでした。

 

しかし、消費者金融やクレジットカード会社にお金を借りて多重債務になる人が増えたこともあって、昔に比べるとお金を貸し出すリスクが高くなってしまったため、このリスクを低減させることを目的として総量規制と呼ばれる借り入れ制限が設けられるようになり、この基準となる収入を証明する書類と言うのが必要になったわけです。

 

収入証明書不要でお金を借りることが出来る場合に、全く収入を考慮してないというわけではなく、基本的にこちら側から収入に関する書類を提出しなくても、金融機関側は収入に関する情報を独自に紹介して調べることができるため、収入証明書不要でも収入を軸とした審査はしっかりされている場合が多くなっています

 

ちなみに賃金業法の改正というのが近年になって積極的に行われており、これは金融機関が一新することを目的としているのも大きく関係しているのですが、賃金業法が変わるということは収入に関する書類提出についても今後変わる可能性は大いに考えられ、いつかはどれだけ少額な借り入れでも書類が必要になる可能性もゼロではありません。

 

おすすめの収入証明不要なカードローンはこちら